屋根を貸し出して収入を得る

太陽光発電の特徴の1つに「売電制度」というものがあります。
これは、太陽光発電によってつくった電力を電力会社に売却して利益を得るというシステムです。
東日本大震災による電力不足の影響もあって現在の電力買取価格は「1kW当たり42円」と非常に高額になっていますが、今後は買取価格が下がっていくと予想されています。
「これから買取価格が下がってしまうなら太陽光発電システムを導入してもあまりメットがないのでは?」と考える人もいるかも知れませんが、それは間違いです。
というのも、電力の買取価格は「固定価格買い取り制度」というシステムに則っていて、今年度中に手続きを行うと今後10年間は1kwあたり42円という買取価格に固定されます(10kW以上の大口買取では20年間に延長されます)。
つまり、今後電力買取価格が下がっていったとしても、今年度に手続きを行うことで10年間ずっと42円という高額で買取をしてもらえるのです。
ですから、太陽光発電システムの設置費用を少しでも早く回収したいと考えているならば、買取価格の高い今が大きなチャンスなのです。
また、最近ではこの高額の買取価格に目をつけた地方自治体や業者が、屋根や土地を貸してくれる住宅を探しています。
これを「屋根貸し太陽光発電」と呼びます。
地方自治体や業者は建物の所有者や、ある一定以上の土地を持っている所有者に対して太陽光発電システムを資金負担ゼロで設置します。
そして、その太陽光システムで発電された電力を電力会社に売ることで収益を得るというビジネスモデルです。
これだけ見ると屋根を貸した人には何のメリットもないように思えますが、そんなことはありません。
多くの場合、屋根貸しの契約は20年となりますが、20年を越えた発電設備は屋根の所有者に無償譲渡されます。
現在の太陽光発電はメンテナンスさえしっかりとしていれば30年ほど稼働可能と言われているので、残りの10年分に関しては売電の利益がすべて所有者のものとなります。
また、無料で現状復帰することもできるので太陽光発電の設備が必要ないという場合には返還することもできます。
その他に少額ながら屋根や土地の所有者には賃料が支払われるといったメリットもあります。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>

得する太陽光発電導入のノウハウ is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.